必要なスキル

デザイナーに必要とされる技能とは

数ある職業の中には資格を持っていると就職や仕事に有利になる物があります。ウェブデザイナーはその中の一つです。 もちろん資格を持ってなくてもできますが、あったほうが有利になる場合が多いです。 ウェブデザイナーに必要とされる資格とは、HTML/CSSやJavaScriptなどのプログラム言語検定やITパスポートや基本情報技術者試験などのIT業界の基礎的知識が必要とされるものや、Photoshopクリエイター技能試験やIllustratorクリエイター能力認定試験などのウェブデザインをするいわゆる画像編集ソフトを使えなければなりません。 なお、PhotoshopとIllustratorは同じ画像編集ソフトなのでどちら一方をとっているといいです。

資格はより多く持っている方が有利になる

最初に書いたとおり、資格とはより多く持っている方が就職活動や仕事に有利になります。 ですがITパスポートと基本情報技術者試験の場合、基本情報技術者試験を持っている方がお得です。 それはITパスポートより基本情報技術者試験の方が高度な知識を求められるからです。 また、基本情報技術者より高度な知識を求められる高度情報技術を持っている方が、有利になります。 ウェブデザイナーの場合、PhotoshopとIllustratorは一方の資格を持っているといいですが、両方持っていると技術が認められていると認識されて、より有利になります。 ウェブデザイナーとしての技術は多い方がいいです。 この2つはこっちのほうがいいというものではないので、自分にあった資格と取りましょう。

Copyright © 2015 専門スキルは専門の場所で~資格を取得できる魔法のスクール~ All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com